ブログ

ホルモン剤は抗がん剤としてなぜ効果があるのでしょうか?

カルテに情報を書き込む医師

ホルモン剤が抗がん治療に使用されている理由は
ホルモン剤の種類には代表的なもので下垂体ホルモン・甲状腺ホルモン・副腎ホルモン・性ホルモンなどがあります。この中で抗がん剤として治療に使用されるホルモン剤は性ホルモンであり、対象となるがんは性ホルモンで成長する生殖器に関係するがんです。

具体的ながんとしては乳がん・卵巣がん・子宮体がん・前立腺がんがあげられます。ホルモン剤は性ホルモンの働きを抑えることによって、がん細胞の増殖を抑える作用があります。

例えば、乳がんの増殖には女性ホルモンであるエストロゲンが関わっており、エストロゲンの取り込みをブロックするためにホルモン剤を投与します。

前立腺がんの場合であれば男性ホルモンであるテストステロンの取り込みをブロックするためにホルモン剤を使用します。このようなホルモンを利用して、がんの増殖を抑える治療方法をホルモン療法と呼んでいます。

しかし、がんがホルモンとは関係なく増殖するがんに対してのホルモン療法は効果がありまんので使用はされません。このように、ホルモン剤はがん細胞の増殖を止める抗がん剤としての作用がありますが、完全にがんを治癒するということではありません。

病状の改善と進行を遅らせるという点ほかの抗がん剤のような重い副作用がないことから、手術前後の補助的治療法としてよく使用されています。

抗がん剤として使用されるホルモン剤にはどのような種類がありますか
ホルモン療法に使用されるホルモン剤は、がん細胞の増殖を促進する性ホルモンの働きを阻害する働きがありますが、機能によって次のような種類に分かれています。

*性ホルモン(ホルモン剤)
男性ホルモンによって増殖するがんに対しては女性ホルモンを投与してがん細胞の増殖を抑えて、女性ホルモンによって増殖するがんに対しては男性ホルモンを投与します。代表的な適応がんは前立腺がんと乳がんです。

*抗ホルモン剤
一種のだまし治療ですが、ホルモンの構造に似せた物質をがん細胞核の受容体に結合させることによって、がん細胞内部に増殖する信号を伝わらせずにがん細胞の増殖を止める働きがあります。

ホルモン剤による抗がん治療での副作用はありますか                
ホルモン剤は副作用の少ない抗がん剤ですが、まれに心臓障害・血栓症を起こすことがあります。そのため、治療する際に患者さんの体質を調べて、血液凝固阻害剤をホルモン剤と一緒に使用して血栓症を予防する場合があります。

また、ホルモン剤は性ホルモンの働きを抑制するため、ほてり・のほせ・めまい・頭痛・倦怠感などの更年期障害の症状を起こすこともあります。

抗がん剤としてのホルモン剤の活用方法

  • ホルモン剤は抗がん剤としてなぜ効果があるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。
  • 効果

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る