アーカイブ:2016年 9月

  1. STDの文字

    プラノバールの使用注意点と医師への診断の際に気をつける事とは

    プラノバールは、様々な女性の悩みを解決してくれる強い味方ではあるのですが、ホルモン剤という医薬品である以上はどうしても副作用などもあります。更に、副作用意外にも注意点もありますのでプラノバールの使用は特に医師の診断と相談を忘れない酔うにしなければいけません。

    • プラノバールの使用注意点と医師への診断の際に気をつける事とは はコメントを受け付けていません。
    • 注意点
  2. カルテに情報を書き込む医師

    ホルモン剤は抗がん剤としてなぜ効果があるのでしょうか?

    ホルモン剤が抗がん治療に使用されている理由はホルモン剤の種類には代表的なもので下垂体ホルモン・甲状腺ホルモン・副腎ホルモン・性ホルモンなどがあります。この中で抗がん剤として治療に使用されるホルモン剤は性ホルモンであり、対象となるがんは性ホルモンで成長する生殖器に関係するがんです。

    • ホルモン剤は抗がん剤としてなぜ効果があるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。
    • 効果
ページ上部へ戻る