更年期障害の治療にホルモン剤は有効ですか?

更年期障害には、閉経を迎える45~55才までの10年間に多くの女性がかかると言われています。症状には、個人差があり、病院で治療を受けなければいけないほど、つらい方もいれば、気にならない程度の軽い症状の方もいます。

では、更年期障害の治療には、どんなものがあるのでしょうか。

引用文⇒ホルモン剤の個人輸入代行、販売・通販『TOP』 http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/

更年期障害の症状の一覧のイラスト

ホルモン補充療法

更年期障害は女性ホルモンが減少して起こります。女性ホルモンは、女性の体のあらゆる部分へ影響を及ぼしています。たとえば、ホルモン分泌が減少することで、自律神経が乱れてしまいます。

「体がだるい」、「何もやる気が起きない」などの心理的現象も引き起こしてしまいます。不安や緊張、うつのような症状が出てしまう場合もあります。

この場合には、女性ホルモンのエストロゲンを補充するホルモン補充療法が効果的です。血液検査で、ホルモン分泌量を測定し、薬を服用します。

ホルモン剤というと、不安になる方もいるかもしれませんが、飲み薬と塗り薬、張り薬の3種類から症状に合わせて選ぶことができます。

薬は抵抗がある方には、皮膚から吸収する張り薬が簡単です。胃や肝臓などの負担も少ないので、安心ですね。

ホルモン療法を受けられない方もいます

しかし、全ての更年期障害の症状が薬によって改善されるわけではありません。アレルギー症状を持つ方や乳がんや子宮体がんの経験者には、ホルモン剤は使用できません。

また、5年以上、ホルモン剤を服用していた方は、何も服用しなかった方に比べて、乳がんリスクが高まるという報告もあります。

しかし、ホルモン剤を投与されている方は、定期的に乳がん検診を受けているので、通常の人に比べて発見が早いというデータもあります。

乳がんは発見が早ければ助かる確率も高く、今の病状がつらいのに、ホルモン療法を無理に受けないということも相応しくありません。

薬を服用するかしないかは、病状や主治医との相談と言えるでしょう。ホルモン剤は、更年期障害治療には、有効です。症状を我慢して過ごしていると、他の病気に発展したり、別の病気が隠れてしまったりする可能性もあります。

つらいと思ったら一度、婦人科もしくは、内科に相談することをおすすめします。

卵胞ホルモン・黄体ホルモン剤とはどのようなものなのか

不妊症にはホルモンの影響が大きくかかわっているということから、ホルモン剤を使用した治療というものが行われています。

その中でも、卵胞ホルモン剤や黄体ホルモン剤はその名前もよく知られているところかと思います。そこで、今回はこの2つについての治療方法について見ていきましょう。

相談をする医師と患者

卵胞ホルモン剤について

卵胞ホルモンが不足しているときに使用されます。効果としては子宮内膜のコンディションを整えるという事になります。整えることによって、着床率が上がるのです。

卵胞ホルモン剤の副作用について

食欲不振や脱毛・じんましん・吐き気などが考えられます。内服薬・はり薬のアプローチが一般的で、それぞれによって副作用の強度も変わってくるでしょう。

黄体ホルモン剤について

黄体機能不全など黄体ホルモンの分泌異常・体外受精において着床しやすい状態をつくるために使用されるのです。多くの場合は前者に取り入れられているようです。

副作用について

吐き気や頭痛・精神不安定などです。内服薬・注射剤というアプローチのほかに、膣座剤というものもあり、作用としては強めであるといえるでしょう。

ピルについて

無排卵状態をつくり、卵巣を休ませるために使うこともあるでしょう。このピルも卵胞・黄体ホルモン剤の1つなのです。

不妊症に向き合うために

不妊症を前向きに解消していくためにも、こうしたホルモン剤に対する知識・副作用に対する認識というものは大切なポイントともなってくるでしょう。

医師から説明があるかと思いますが、分からない部分は解消し、納得した上で治療に取り組むようにしていきましょう。パートナーと一緒に説明を受け理解度を高めるという事もまた大切かとも思います。

我慢しないで!つらい更年期障害の症状は、薬で改善するのも、あり!

ページ上部へ戻る